KVMセットアップ

siteadministrator2020/01/05(日) - 19:37 に投稿

必要パッケージをインストールする。

apt install qemu-kvm libvirt-clients libvirt-daemon-system

ユーザーを追加

adduser 追加ユーザー名 libvirt

adduser 追加ユーザー kvm

以下のブリッジの作成は、ホストOSに複数のNICを装備していて、ホストには全てのNICにアドレスを定義しない設定です。

auto lo
iface lo inet loopback
allow-hotplug br0 br1 br2
auto br0 br1 br2
iface br0 inet static
        address 192.168.0.xx
        netmask 255.255.255.0
        network 192.168.0.0
        broadcast 192.168.0.255
        gateway 192.168.0.xx
        dns-nameservers 192.168.0.xx
        bridge_ports eth0
        bridge_stp off
        bridge_fd 0
iface br1 inet static
        address 0.0.0.0
        bridge_ports eth1
        bridge_stp off
        bridge_fd 1
iface br2 inet static
        address 0.0.0.0
        bridge_ports eth2
        bridge_stp off
        bridge_fd 2

以下は、そのコマンドです。対象はDebian 8 (jessie)のインストール

virt-install \
--name マシン名 \
--ram 割り当てメモリサイズ \
--disk path=/var/lib/libvirt/images/マシン名.img,size=ディスクサイズ(GB) \
--vcpus CPU数 \
--os-type linux \
--os-variant debianwheezy \
--network bridge=使用ブリッジ \
--graphics none \
--console pty,target_type=serial \
--location 'http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/debian/dists/jessie/main/installer-amd64/' \
--extra-args 'console=ttyS0,115200n8 serial'

 /etc/init.d/libvirt-bin restart だと、取り敢えず接続は可能であるが・・・・・。

 セットアップの後に日本語の設定を行うには、ゲストOS上で、以下のコマンドを実行し、ja_JP.UTF-8を選択する。

dpkg-reconfigure locales

 

 

 

 

 

タグ