HPE ProLiant MicroServer Gen10

siteadministrator2020/01/05(日) - 22:24 に投稿
 
HPE Microserver Gen10を購入したが、色々と手間がかかったために備忘録を作成する。

Linuxのバージョンアップが進めば、今後は必要なくなるかもしれない。

インストールOS Debian/GNU Linux 9.5 Stretch です。

参照はここ

インストール手順

PXEによるネットワークインストールを行う。BIOSでIPv4でのPXEブートを利用可としておく。PXEサーバーの設定はここを参照のこと。

インストールは、通常のインストールを行う。

インストール後、「sp5100_tco: I/O address 0x0cd6 already in use」のメッセージが表示され、ブートできない。

インストール終了直前(再起動前)に、shellを起動し、以下のファイルを編集し、該当モジュールを記載する。

vi /target/etc/modprobe.d/blacklist.conf

blacklist sp5100_tco

再起動する。

起動後、ディスプレイがブラックアウトする。

この操作は、システム起動後ネットワーク経由で行う。

vi /etc/default/grub

以下の内容に変更する。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash nomodeset"

以下のコマンドを実行する。

grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

変更内容を確認する。

cat /proc/cmdline

NIC

DeianでIntel Dualport NICをPCI Expressスロットに2枚刺しした場合

On Board

PCI Express Gen3

PCI Express Gen3

enp3s0f0

enp3s0f1

ens1f0

ens2f0

ens1f1

ens2f1

対応メモリー

crucial

Kingston

ADTEC

ハードウェア情報

マニュアル

 

 

 

タグ